性感染症(STI)と検査

性感染症(STI)の病名

尖圭コンジローマ

HPV(ヒトパピローマウイルス)の中でも6型と11型というタイプのHPVに感染すると尖圭コンジローマという病気になります。

性器に特徴的なイボができ、ときにどんどん大きくなります。

男女ともこのようなイボが複数できるのが特徴

症状

感染から3週間から8か月とかなり長い時間が経ってから、痛みを伴わない、とがったイボができます。

放置すると

自覚症状がないので気付かない事も多いのですが、放置するとイボが大きくなったり、患部が広がったりすることがあります。

治療方法

軟膏を塗る治療の他に、電気メスやハサミ、レーザーなどで切り取るなどの方法もあります。
ただし、どの方法も見えているイボに対しての治療になるため、他の場所に広がってしまっている場合は再発する事も多く、治療が長引く事があります。

変な形のイボができてくると、とんでもない病気になってしまったのではないかと思ってしまう人もいますが、実は男女ともに多くの人が感染する可能性がある病気です。
病院で診察を受けて、治療すれば治る病気なので、まずはお医者さんに相談してみましょう。

性感染症(STI)を病名から調べる

病名からそれぞれの感染症の症状、治療に関する情報を調べます