性感染症(STI)と検査

性感染症(STI)の病名

HPV

HPV(ヒトパピローマウイルス)は、感染者数がとても多く、性経験のある女性の半数以上が一生に一度以上は感染すると言われています。
感染しても自覚症状はほとんどなく、多くの場合、自然に排除されます。

しかし、数十種類存在するウイルス型の中でも、悪性度の高いタイプのHPVに感染すると、細胞の異形成を引き起こし、子宮頸がんの原因になることもあります。

子宮頸がんは子宮の入口付近にできるがんです。
近年、若い女性の発症率が増加傾向にあります。

症状

男女ともに自覚症状はありません。
細胞に潜んで増殖した場合、おりものの増加や不正出血が起こることがあります。
多くの場合、HPVというと子宮頸がんの原因ウイルスの事を指しますが、6型、11型と呼ばれるタイプのHPVに感染すると尖圭コンジローマという病気を発症します。

放置すると

多くの場合は自然に排除されるのですが、ごくまれに細胞に潜み数年~数十年かけて子宮頸がんを引き起こすことがあります。

治療方法

現在のところ治療薬はありません。
感染を防ぐワクチンが開発されていて、欧米などでは積極的にワクチンを接種することが推奨されていますが、日本では副作用が問題となったため、現在では積極的な推奨はされていません。

治療薬はありませんが、健康診断などでしっかりと検査をすることで、子宮頸がんの前兆を発見する事が可能です。

性感染症(STI)を病名から調べる

病名からそれぞれの感染症の症状、治療に関する情報を調べます