性感染症(STI)と検査

性感染症(STI)の病名

病名からそれぞれの感染症の症状、治療に関する情報を調べることができます。

  • 現代の医療でも完治は難しいですが、早期に発見できれば薬で抑えることができます。

  • 10代後半~20代で特に多くみられる性感染症です。
    自覚症状が出にくいことが感染を蔓延させる原因になっています。

  • 性器だけではなく、のどに感染することも。
    女性は無症状の人が多いと言われています。

  • ヘルペスウイルスが性器に感染した状態です。
    自然治癒しても、疲労などで再発する場合もあります。

  • 近年再び急増。
    昔は重症化して死に至ることもありましたが、現在は、ほぼ治療が可能です。

  • おりものの臭いの変化で気付くことが多く、不妊や流産の原因になることもあります。

  • 主に尿道炎や子宮頸管炎を引き起こします。
    クラミジアと似た症状で、見た目の判断が難しい病気です。

  • 痛みのないイボが特徴的な病気。
    治療すれば治るので、まずは病院に行きましょう。

  • HPV

    自覚症状はほとんどありませんが、放置すると子宮頸がんの原因になることがあります。

性感染症(STI)を病名から調べる

病名からそれぞれの感染症の症状、治療に関する情報を調べます