性感染症(STI)と検査

性感染症(STI)の病名

腟トリコモナス

腟トリコモナス原虫(Trichomonas vaginalis)という微生物が原因の感染症です。
セックス以外にもまれに下着やタオル、便器や浴槽などを介して感染することもあると言われています。

感染しても気が付かない無症候感染の人が多いのですが、中でも、病名の通り、男性には症状が出にくく、女性の方が気付きやすいようです。

また、腟トリコモナスは腟内の環境を少し中和して、他の感染症にかかりやすくしてしまいます。
そのため、他の雑菌が繁殖してしまい、おりものの色や臭いが変わることがあります。

トリコモナス原虫が腟に入ると、腟内に乳酸がなくなり
アルカリ性になることで、
雑菌が繁殖しやすい環境になります。

男性の症状

症状

尿道炎を起こす事がありますが、多くは無症状です。

女性の症状

症状

50%近くは無症状とも言われていますが、症状が出た場合、おりものの量が増えたり、悪臭がしたり、色が変わったりすることがあります。
また、外陰部がかゆくなったりもします。

放置すると

不妊や流産の原因になることがあります。

治療方法

病院で処方された薬で、しっかり治療をすれば治ります。
ただし、無症候のパートナーからもう一度感染させられてしまうピンポン感染や、一部治りにくい症例もあるので、お医者さんと相談しながら治療を行っていきます。

多くの場合、女性の自覚症状によって病気が発見されますが、パートナーの男性も検査・治療をする必要があります。

性感染症(STI)を病名から調べる

病名からそれぞれの感染症の症状、治療に関する情報を調べます